>  > 感動が待っていたのかなって

感動が待っていたのかなって

まさか最後に感動が待っているとは思わないじゃないですか。その日も普通に風俗を利用しただけだったんです。でも、その相手がその日が最後だったみたいなんですよね。別に何度も利用したリピーターとかではないので、そんな自分が彼女にとってとっても大切な節目であるその日に指名してしまったのは間違いだったのかなとも思ってしまったんですけど、彼女がそれまでの風俗での話とかもしてくれたんですよ。最後ということでこれからどうするのかとか、興味深い話だってあるじゃないですか。それでいろんなことを話していたんですけど、やっぱりただ楽なだけな世界ではないんだなってことにも気付かされました。だからこそ、彼女の言葉を聞いていたら次第に感動してきてしまったんですよ。その感動とともにプレイを楽しむという、いつもとは全然違った風俗の展開にこっちとしても驚きはありましたけど、でもたまにはこういった展開もありなのかなとも思いましたね。

ベテランの意地も捨てたものではない

男は新しい女の子の方が気になっちゃうものなんです。風俗でもそうですよね。新人が好きって男はきっとかなり多いと思うんですよ。自分もそこまでこだわりがあるって訳ではないんですけど、仮に新人とベテランのどちらかを選べるって言ったら、やっぱり新人風俗嬢を選ぶでしょうね。新人の方が初々しいのはもちろんですけど、まだまだ風俗の世界に染まっていないのもあって新鮮なんです。ただ、前回はベテランと楽しんできたんですけどベテランもベテランで凄いですし、彼女に関しては意地のようなものもありましたね。彼女だってそんなことくらいは分かっているんです。ベテランのよりも新人の方が男に求められていると分かっているんでしょう。だからこそ、ベテランとしての凄みを見せつけられたのかなって思っています。彼女、相当気合が入っていましたね。体調も良かったのかもしれませんが、かなりキレのあるテクニックの数々でこちらを楽しませてくれましたよ。

[ 2017-01-10 ]

カテゴリ: 風俗体験談